布団をキレイにする方法記事一覧

布団クリーニングでよくやり玉に挙がるのが、リネットとせんたく便ですが、この二つならどっちを選ぶべきなのでしょうか?リネットの特徴リネットの布団丸洗いは文字通りたっぷりの水で完全丸洗いで、家庭では扱えない洗剤を使うことで羽毛にもともと付着している必要な油分やタンパク質を溶かさずに洗うことができます。また、リネットで扱っている洗剤で洗うことで抗菌・防臭効果も普通のクリーニングより2倍期待できます。この...

ホワイト急便の布団クリーニングは3枚1セットで12960円で行うことができます。最長9ヶ月の保管料込みなら14040円で宅配にも対応しており、送料込みです。ホワイト急便の布団クリーニングは高い?安い?ホワイト急便の布団クリーニングですが、果たしてやる価値はあるのでしょうか?一枚あたり4320円かかるわけですね。お、値段以上で有名なニトリで新品の羽毛布団を購入すると5547円(シングル)~46104...

お掃除でおなじみのダスキンでも実は宅配の布団クリーニングサービスを行っています。この記事ではダスキンのサービス内容・値段などと他の宅配クリーニングサービスを比較して、ダスキンの宅配クリーニングは出す価値ありなのか?を検証していきたいと思います。ダスキンの布団クリーニングサービスの料金は?ダスキンの布団クリーニングサービスにはにはいくつかのコースがあります。・ふとん丸洗い宅配サービス(1枚パック・初...

布団クリーニング料金の相場は大体3000円~5000円程度になります。ただし、一枚だけクリーニングしたいという場合は6000円程度かかることが多いです。これよりも安いところというのはありますが、あまり評判が良くないところが多いのが現状です。なぜ布団クリーニングは高いの?宅配の場合、まず送料が高いということがあります。パック料金で送料が無料とは言っても、実際には宅配業者に企業がお金を払っているわけで...

布団をクリーニング・洗うのはどの程度が理想なのでしょうか?布団というのは洗えば洗うほど摩耗する布団というのは基本的に頻繁に洗うようにはできていません。しかも、洗うときには中の羽毛や綿が消耗してしまうため、やればやるほど品質は下がっていくことを覚悟しておきましょう。なら洗わないほうが良い?布団の中にはこの布団は洗濯ができない、と表示されているものもあるそうです。そういう布団の場合、文字通り洗わないほ...

何かと話題になったふとんクリーナー。どういったものがおすすめなのか見ていきたいと思います。1.レイコップシリーズいわずとも知れた布団クリーナーの火付け役。洗練されたデザインが人気を呼んでいます。吸引力自体は他社にやや劣るという評価があるものの、特許技術「光クリーンメカニズム」や表面を叩きホコリやダニの死骸を叩き出すというシステムが受け、人気を呼んでいます。2.ダイソンシリーズ吸引力の変わらない、で...

布団というは一見きれいに見えても、かなり量の汗を吸い込んでおり、一年立つ頃にはかなりの汚れを蓄積しています。かといって、クリーニングは高いと感じる方におすすめしたいのは、クリーニングではなく、コインランドリ-。コインランドリーで布団を?大丈夫なの?と感じる方も多いかと思いますが、特定の種類の布団の場合は、コインランドリーでも安く問題なく選択することができるのです。では、コインランドリーで布団を洗う...

ここでは、筆者が良いと思った効率の良い収納方法をご紹介します。布団をクッションにしてしまう最近は、布団収納ケースに入れるとクッションとして使えるといった商品が発売されています。あまり大型なものはできないようですが、冬には使わないタオルケットや薄い毛布などを入れておくのは、インテリアにもなり、場所も無駄にとらないため効率的ですね。収納ケースを活用無印良品やIKEAには布団も入れられる収納ケースが販売...